YouTuber

はじめしゃちょーの年収や月収はいくら?収入源や総収入を調査!

YouTubeのメインチャンネルだけで登録者1,000万人を超えるはじめしゃちょー!

幅広い年齢層にも人気で、誰もが知るトップYouTuberです。

今回は、気になるはじめしゃちょーの年収や収入源について調査しました。

はじめしゃちょーの年収と収入源は?

はじめしゃちょーの年収は約7億1千万円と考えれられます。

はじめしゃちょーの収入源に関しては以下の7つがありそうです。

  1. YouTube広告収入
  2. YouTube広告収入(サブチャンネル)
  3. YouTube企業案件収入
  4. グッズ売り上げ
  5. メディア(CM)の出演
  6. 書籍販売
  7. インスタグラムの収入

それでは驚きの収入と年収の根拠を調査していきたいと思います。

はじめしゃちょーのYouTubeによる広告収入は?

■登録日:2012年8月31日

■投稿数:2,536本

■登録者数:1,010万人

■再生回数:8,827,985,936回

■デイリー再生回数:2,729,668回

■データ確認日:2022年5月3日

はじめしゃちょーのチャンネルの再生回数を紹介させて頂きました。

添付の動画は、はじめしゃちょーの人気NO.1動画で『世界最大級のグミを1人で食う!(多分)ですが再生回数は何と驚異の1億2千万回再生超えです。

UUUM所属YouTuberの平均額は1再生あたり平均0.26~0.3円程度。これに再生数をかけたものが広告収入となる。もちろん、この金額は人により大きく異なる上、その時期の広告出稿数や動画の分野によっても異なってくる。

引用:PRESIDENT Online

YouTubeの広告収入は、1再生あたりの単価が影響してきます。単価は、チャンネルの評価・実績・動画時間などでも異なってくるようです。

はじめしゃちょーは、実績もあることから単価を0.3円で計算していきたいと思います。(機材代、編集費用、スタッフ代などの経費に関してはバラつきがあるため今回の試算から省きます。)

チャンネルのデイリー再生回数:2,729,668回

81,890,040回(月間再生数)×0.3円(単価)=24,567,012円(月額)

YouTubeでの広告年収は294,804,144円となりました。

はじめしゃちょーのYouTubeによる広告収入(サブチャンネル)は?

■投稿数:2,620本

■登録者数:509万人

■再生回数:2,934,407,761回

■デイリー再生回数:1,465,286回

■データ確認日:2022年5月3日

こちらは、はじめしゃちょーのサブチャンネル「はじめしゃちょー2」「はじめしゃちょー の畑」「3億円ハウスの管理人」の合計数です。

添付の動画は、サブチャンネル人気NO.1動画で『大型ショッピングモールの飲食店、全て制覇します。ですが再生回数はの984万回再生超えです。

こちらも単価を0.3円で計算していきたいと思います

チャンネルのデイリー再生回数:1,465,286回

43,958,580回(月間再生数)×0.3円(単価)=13,187,574円(月額)

YouTubeでの広告年収は158,250,888となりました。

はじめしゃちょーのYouTubeの企業案件による収入は?

YouTubeの収入には、広告収入の他に企業案件の収入があります。

企業案件とは、企業がYouTuberと呼ばれる方々に依頼をし、チャンネルの動画内で自社のサービスや商品を宣伝してもらうといったものです。

チャンネル登録者数から算出する場合

YouTuberのチャンネル登録者数から算出する場合は、およそ「チャンネル登録者数×3~5円」ほどが相場となっています。

動画の平均視聴回数から算出する場合

YouTubeが普段投稿している動画の平均視聴回数から算出する場合もあります。

この場合は「動画の平均視聴回数×5円~10円」ほどが相場です。

引用:KNOK

企業案件の金額設定はいくつかあるようですが今回は、「チャンネルの登録数」から算出してみたいと思います。

登録者が多く影響力をかなりお持ちのようなので企業案件に関しては2ヶ月に1件受注で年間に6件受注、単価は3円で仮定して計算していきたいと思います。

10,100,000人(チャンネル登録者数)×3円(単価)=30,300,000円

30,300,000円×6件(企業案件)=181,800,000円

YouTubeの企業案件年収は181,800,000となりました。

はじめしゃちょーのグッズ売り上げによる収入は?

グッズは多く見積もって広告の約1/5です。海外大物YouTuberとは広告と物販の収益の比がちょうど逆転しています。

引用:ypsilonmagazine

グッズの売り上げは広告収入の1/5、取り扱いがUUUMブランドメインなので利益率は10%として計算していきたいと思います。

294,804,144円(YouTube広告収入)÷5=58,960,828円

58,960,828円×0.1(利益率)=5,896,082円

グッズ売上での年収は5,896,082となりました。

はじめしゃちょーのテレビ番組(メディア)出演による収入は?

はじめしゃちょーの最近のテレビ出演は控えめですが、CMに関しては以下の2本を確認でできました。

  • 出前館
  • Yogibo

1回の出演で3万円から5万円前後とか。 しかし、ゴールデン枠に進出できるようになれば、1度の出演で10万円~20万円のギャラを得られるようになる。

ゴールデンタイムのMCともなれば、1回50万円のギャラも夢ではない。

引用:web-audition

YouTuberは登録者という強いファンがいるので芸能人よりギャラが高いとも言われていますが、今回は、はじめしゃちょーのCMギャラを少し低めで見て3,000万円で計算してみたいと思います。

2本(CM数)×30,000,000円(1本あたりの出演料)=60,000,000円

メディア出演での年収は60,000,000円となりました。

はじめしゃちょーの書籍販売による収入は?

はじめしゃちょーの書籍ではないのですが協力出版の書籍を見つけました。

  • はじめしゃちょーのユーチューバーな日常 1~4巻 660円(税込)

本や音楽などには著作権があります。それらを販売したことによる収益の一部を、版権を有する会社(出版社など)が著作者(著者や作詞・作曲者など)に支払うもの。それが印税です。印税率は著者と出版社の間で決定します。

一般的な印税率の相場は5~10%

引用:風詠社

書籍は、発売されてしばらく経つことからYouTube登録者の0.1%である年間1万冊が売れていると仮定します。

印税は協力出版ということですので一般的によく言われている10%より少なく5%で計算してみたいと思います。

660円(書籍)×10,000冊(販売数)=6,600,000円

6,600,000円×5%(印税)=330,000

書籍販売での年収は330,000となりました。

はじめしゃちょーのインスタグラムによる収入は?

インスタグラムでの収入を得る方法としては、主に以下の4つがありますが、メインとなるのは企業案件です。

  1. 企業案件
  2. 自分の作った商品・セレクト商品を販売する
  3. 自分で撮った写真を販売する
  4. アフィリエイトへ誘導

金額の相場は、インフルエンサーの知名度や、所属事務所によって異なりますが、一般的には1フォロワーあたり2〜4円が相場、と言われています。

引用:BASE

YouTube案件同様で2ヶ月に1件受注で年間に6件ぐらい受注できているのではないでしょうか。

はじめしゃちょーはインスタグラムのフォロワー数はYouTubeに比べるとあまり多くないため、企業側もYouTubeより安く依頼することができます。

単価は2円で仮定して計算してみたいと思います。

1,120,000人(インスタグラムフォロワー)×2円(単価)=2,240,000円

2,240,000円×6件(企業案件)=13,440,000円

インスタグラムでの年収は13,440,000となりました。

はじめしゃちょーの月収はいくら?

はじめしゃちょーの各収入源を調査してきましたが以下の通りとなりました。

YouTube広告年収:294,804,144円

YouTube広告年収(サブチャンネル):158,250,888円

YouTube企業案件年収:181,800,000円

グッズ売上年収:5,896,082円

メディア(CM)出演料年収:60,000,000円

書籍販売年収:330,000円

インスタグラム年収:13,440,000円

今回、はじめしゃちょーの驚きの収入がわかりました。

YouTuberは夢のある仕事だと思ってしまいますよね。

もちろん、予想年収としてお楽しみ下さい!

年収:714,518,114円

714,518,114円 ÷ 12ヶ月 = 59,543,176円

はじめしゃちょーの月収は約6千万円となりました。

さいごに

今回は「はじめしゃちょーの年収や月収はいくら?収入源や総収入を調査!」について記事を書かせて頂きました。

まだ20代のはじめしゃちょーですが資産額はとんでもないことになっているでしょうね。

今後の活躍も期待したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。